No.4 Honda VFR 白バイ

定番トミカ

英語名:No.4 Honda VFR Police Bike

1 2 3 4 .. 100

新品 即納 タカラトミー トミカ No.4 Honda VFR 白バイ 箱 バイク 警察 乗り物 ミニカー おもちゃ あす楽対応【こぐま】

新品 即納 タカラトミー トミカ No.4 Honda VFR 白バイ 箱 バイク 警察 乗り物 ミニカー おもちゃ あす楽対応【こぐま】
550 円 (税込)
ホンダVFRの白バイがトミカに登場! アクション:タイヤ回転 ■対象年齢 3歳~ ■サイズ パッケージ:W78×H39×D27mm 本体:W23×H36×D65.5mm ■セット内容 ・トミカ本体 ・ミニトミカニュース(初回のみ) ■備考 電池は使用しません。 ■著作権 (C)TOMY 商品に関するお問い合わせ..

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

本日ご紹介するタカラトミートミカのミニカーは『No.4 Honda VFR 白バイ』。”No.4 Honda VFR 白バイ”のベースとなっているオートバイは、本田技研工業が製造・販売している”ホンダ・VFR”です。

“ホンダ・VFR”は、1982年から本田技研工業により製造販売されていたロードスポーツモデルのオートバイである”VFシリーズ”が、1986年4月にフルモデルチェンジし、それに伴って車名が”ホンダ・VFR”に変更されました。

当初、排気量399ccの普通自動二輪車ではネイキッドタイプである”VFR400Z”と、レーサーレプリカとして”VFR400R”、そして、748ccの”VFR750F”が製造販売されました。

私自身、19歳のころバイクを乗っていたこともあり、バイクは好きです。

でも、トミカでバイクを出されても…なんか違うんですよね。コレジャナイ感がハンパない。

やっぱりトミカは四輪車であるべき!

トミカサーキットなどのコースを走らせることができないのもマイナスポイントですね。

あまりにも遊びの幅が狭すぎますよね…。

バイクも好きなのですが、トミカシステムや昔の「峠やまみちドライブ」などで遊べないので、正直トミカとしてはナシですね。

トミカは4輪以上でお願いしたい。

2輪車を販売するなら、もう少し大きくて良いから、ミニカーのジャンルから外して、もう少し精巧な作りで販売して欲しいかな…飾り用として。

VFRシリーズ:ロードスポーツモデルの変遷と最新技術

1982年、ロードスポーツモデルのVFシリーズとして生まれたバイクは、長い間多くのバイク愛好者から愛されてきました。そして、1986年4月に行われたフルモデルチェンジをきっかけに、このシリーズはVFRシリーズとして再誕しました。新たに提案されたこのシリーズのコンセプトには以下の特徴があります。

  1. RVFシリーズとして競技専用車両としての実績を活かし、レースで磨き上げられた技術を多く取り入れた。
  2. 走行性能とライダーの快適性を両立させる「スーパーエアロフォルム」を追求。
  3. 111件の新技術・新機構に関する特許を出願。

その結果として、初めてのVFRシリーズとしては、排気量400ccのVFR400ZとレーサーレプリカのVFR400R、そして750ccのVFR750Fが登場しました。しかし、時が経つにつれて400ccモデルは廃止となり、大型モデルは高速ツアラー的な役割を果たすようになりました。

VFRシリーズにはいくつかの共通の特徴があります:

  1. 主にフルカウルを装備しています。ただし、VFR400Z、教習車仕様のVFR400K・VFR750K、そして2010年代に設定されたアドベンチャータイプのVFR800X・VFR1200Xは例外です。
  2. エンジンは水冷4ストローク、シリンダーバンク角90度のV型4気筒DOHCエンジンを搭載。ただし、VFR1200F/Xのみはバンク角76度ユニカムSOHC。
  3. アルミ合金製のツインチューブフレーム。
  4. ディスクブレーキは前がダブル、後ろがシングル。

2015年からは、VFR800F/XとVFR1200F/Xがシリーズの主力車種として製造・販売されてきました。しかし、2016年にはVFR1200F/Xの日本国内向け仕様の生産終了がアナウンスされました。

VFRシリーズは、技術の革新とともに進化し続けてきました。その歴史と変遷は、バイク業界の動向を反映するものと言えるでしょう。

VFR400シリーズ:400ccモデルの変遷と特徴

ホンダの400ccモデル、VFR400シリーズは長い歴史と多彩なモデル変更を経て、バイク愛好者からの高い評価を受けています。以下、その詳細な変遷を追ってみましょう。

Honda VFRの400ccモデル

VF400Fの後継として登場したこのモデルは、最高出力59ps/12,500rpm、最大トルク3.7kgm/11,000rpmのスペックを持つNC13E型エンジンを搭載。VFR400RとVFR400Zの2車種がラインナップされました。

Honda VFRのNC21型

  • 発表: 1986年3月20日
  • 発売: 同年4月1日

ワークスレーサーRVF400の市販車モデルとして位置づけられ、フルカウルを装備。エンジンは先代モデルのVF400FのNC13E型がキャリーオーバーされ、次のような変更が行われました:

  1. クランクシャフトの角度を360度から180度に変更。
  2. バルブ駆動方式をカムギアトレーンに変更。
  3. マフラー配置を4into2の左右2本出しから4into1の右側1本出しに変更。

さらに、同年7月18日には1,500台限定の特別仕様車VFR400Rスペシャルエディションが発売されることが発表されました。

Honda VFRのNC24型

  • 発表: 1987年2月19日
  • 発売: 同年3月20日

NC21型からのフルモデルチェンジ車であり、多数の変更点がある。

  1. スイングアームを片持ち式プロアームに変更。
  2. クラッチ操作を油圧式からワイヤー式へ変更。
  3. カムパルスセンサーの廃止。
  4. キャブレター口径を30mmから32mmへ大型化。
  5. 吸排気系のリファインやマフラーをセミアップタイプに変更。

これにより、最大トルクが4.0kgm/11,000rpmに向上。そして同年6月に「ロスマンズ・ホンダ」カラーの特別仕様車が追加されました。

Honda VFRのNC30型

  • 発表: 1988年12月6日
  • 発売: 1989年1月6日

NC24型からの大規模なモデルチェンジ。以下の主要な変更が実施されました:

  1. クランクシャフトを180度から360度に変更。
  2. ホイールベースを短縮。
  3. 吸排気バルブを大径化。
  4. リヤホイール固定方法、フロントホイールのサイズ、マフラー材質・配置など多岐にわたる変更が加えられた。

このモデルは1994年まで製造販売され、次のモデル、NC35型RVFへとモデルチェンジされました。

VFR400Z

  • 発表: 1986年3月20日
  • 発売: 同年4月15日

NC21型のネイキッドモデル。フロントカウルやオイルクーラーを省略し、アンダーカウルやヘッドライトはVFR400Rとは異なる独特のデザインを採用しています。

  • ヘッドライトは丸型2灯式となっています。
  • アンダーカウルはVFR400Rとは異なる専用品が装着されています。

このモデルもまた、1987年3月20日の発表を経て、同年4月1日にマイナーチェンジが実施されました。このマイナーチェンジにおいて、カラーリングの変更の他、エンジンもNC24型VFR400Rと同様のリファインタイプが採用され、最大トルクが4.0kgm/11,000rpmに向上しました。

VFR400Zは1991年頃まで継続販売されたのち、生産が中止されました。

Honda VFRのまとめ:

ホンダのVFR400シリーズは、その洗練された技術と独特のデザインで多くのバイク愛好者から愛されてきました。時代ごとのモデルチェンジを通じて、常に最先端の技術とトレンドを取り入れながら、その魅力を高め続けてきたのが特徴です。ネイキッドモデルのVFR400Zもまた、そのシリーズの中で独自の地位を築いています。これらのモデルの存在は、日本のバイク産業の高い技術力とデザインセンスを物語っています。

VFR750Fの進化と特徴

750ccのバイクモデルとして注目される「VFR750F」は、VF750Fを基に生まれ変わった新世代のフルモデルチェンジ車として、バイクエンスージアスタたちの間で注目を浴びています。

名前の背景 このモデルは、北米での名称として「Interceptor(インターセプター)」、フランスでは「Carat(キャラット)」という名前で知られており、特に「Interceptor」の名前は後継のVFR800Fまで代々受け継がれることとなりました。

リリースと仕様 1986年3月20日の発表を経て、同年4月1日に販売がスタートしました。部品類別番号としてはML7が与えられています。エンジンに関しては、キャリーオーバーされたRC07E型を搭載していますが、新たにクランク角が180度に変更されるなどの改良が施されました。

日本国内向けの仕様としては、VFR750Fシリーズ中で唯一、乾燥重量が100kg台、具体的には199kgとなる軽量化を実現しています。馬力規制の影響により、最高出力は77ps/9,500rpm、最大トルクは6.5kgm/7,500rpmに制限されています。それに対して、海外向け輸出仕様は、105ps・7.6kgmというスペックとなっており、ホイールサイズやカウルの形状にも差異が見られます。

モデル変遷 海外向け輸出仕様のVFR750Fは、後にRC36型へとフルモデルチェンジを迎えるまで、モデルイヤーごとのマイナーチェンジが実施されました。それぞれのモデルは以下のようにコードが付与されています。

  • VFR750FG:1986年モデル
  • VFR750FH:1987年モデル
  • VFR750FJ:1988年モデル
  • VFR750FK:1989年モデル

日本国内向け仕様については、1986年モデルのまま大きなマイナーチェンジは行われなかったものの、期間限定で特別なオプションが付属したモデルが発売されました。

レーシングの歴史 北米で「Interceptor」として販売されていたモデルは、AMAスーパーバイク選手権において1986年のマーケル、1987年のレイニー、1988年のショバートという3人のライダーがそれぞれチャンピオンを獲得するなど、3年連続での快挙を達成しました。また、日本国内でもレース専用のVFR750RKがリリースされ、HRCからは以下のスペックを持つRK Kitが発売されました。

  • 1986年TT-F1仕様:最高出力125ps/12,000rpm・最大トルク7.8kgf・m/10,000rpm
  • 1987年Kit仕様:最高出力127ps/12,250rpm・最大トルク7.9kgf・m/10,000rpm

VFR750Fはその性能と進化により、多くのバイクファンから支持を受け続けています。

RC36型の進化と特徴

ホンダの名車として知られる「RC36型」について、その歴史と進化を詳しく見てみましょう。

RC36型の登場 1990年2月20日に発表され、わずか1ヶ月後の3月15日には市場に登場したRC36型は、RC24型をベースにしてVFR750P(RC35型)やVFR750K(RC36型)と並行して開発されました。前モデルのRC24型が、RVF750のデザインコンセプトを引き継いだレーサーレプリカの趣きを持っていたのに対し、RC36型は、より高速ツーリングを主眼としたバイクとしてデザインされました。

エンジンの進化 エンジンの設計面では、以下のような大きな変更が加えられました。

  • バルブ駆動方式がロッカーアーム式から、直押しバケット式へとシフト。
  • バルブの挟み角が調整され、エンジンの全体構造がコンパクトかつ軽量化。
  • キャブレターの取り付け角度が再設計されました。 これらの変更の結果、最大トルクは6.6kgf・m/8,000rpmまで向上しました。

車体の革新 車体設計においても、RC36型は革新的な変更を数多く採り入れました。

  • フレームは新しい設計の五角断面のアルミツインチューブタイプへ変更。
  • フロントサスペンションはカートリッジタイプのフォークへと進化。
  • リヤサスペンションは片持ちのスイングアーム方式、通称「プロアーム」を採用。
  • 前後のタイヤは、17インチのラジアルタイヤへ変更。
  • リヤホイールの取り外しが簡単にできるアジャスタブル式のマフラージョイントを導入。
  • また、ホンダの市販車としては初めて、デジタル・タコメーターを搭載しました。興味深いことに、このタコメーターのセンサー部には「TDK」の文字が刻印されています。

RC36-2の誕生 1994年、RC36型は日本国内での販売が終了しましたが、海外向けには引き続き供給され、そのデザインや性能がさらに進化。カウルデザインには「NR」の影響が見受けられ、最高速度が240km/hを超えるため、260Km/hを越えるフルスケールのスピードメーターが装備されました。この進化したモデルは「RC36-2」とも呼ばれ、1998年まで生産されました。

RC36型は、その進化と性能で多くのバイク愛好者から高い評価を受けており、今でもその名は色褪せることのないバイクとして、多くのファンに支持され続けています。

VFR750R(RC30):レーシングワールドのアイコン

1987年、モーターサイクル業界に一つの伝説が誕生しました。それがVFR750R、またの名を「RC30」というモデルです。

発表と発売 1987年7月24日にホンダから発表され、わずか1ヶ月後の8月31日に発売されたこのバイクは、当時のバイクファンの間で大きな話題となりました。

ホモロゲーションモデルとしての特徴 RC30は、プロダクションレースのベース車両として考案されたホモロゲーションモデルでした。これは、公道を走れる市販車としての要件を満たしつつ、実際のレースでも高い競争力を持つという、特別な位置づけのモデルであることを意味します。

日本での販売価格は148万円と、量産車としては当時最高の価格でしたが、その性能と内容は破格で、1,000台の限定販売にも関わらず多くの購入希望者が殺到。結果、販売は抽選方式となりました。一方、海外市場においては、数量制限はなく、1992年までの製造期間限定で提供されました。

デザインと装備 ワークスレーサー、RVF750を強く意識したデザインが施されており、その結果、多くの革新的な技術や素材が採用されました。航空機の廃材を再利用したチタン合金製のコネクティングロッドやマグネシウム合金製のシリンダーヘッドカバー、FRP製のフェアリング、そしてジュラルミン材を使用したハンドルやステップなど、ストック状態でレースに参加可能なレベルの装備が満載です。このバイクの製造は、通常のライン製造とは異なり、浜松工場内でハンドメイドによる特別な生産方法が採用されました。

エンジンに関して エンジン型式はRC07E型をベースとしつつ、さまざまなチューニングが施されました。特に注目すべきは、クランク角が360度に設定されたことや、圧縮比が11.0にまで引き上げられたこと。その結果、エンジンスペックは、最高出力77ps/9,500rpm、最大トルク7.1kgm/7,000rpmという数値を記録しました。

結論として、VFR750R(RC30)は、そのデザイン、性能、そして生産方法からも、バイク愛好者にとって特別な存在となっています。今日でも、このモデルは多くのファンに支持され続けています。

800ccのVFR:ホンダの伝統と革新の融合

ホンダVFRシリーズは、多くのライダーから愛されてきたロングセラーモデルであり、その歴史に新たな節目を迎えることとなった800ccモデルのVFRについて、深く探る時間を持ちましょう。


VFR800:VFR750Fのフルモデルチェンジ

型式名: BC-RC46

新モデルの車名で注目すべきは、排気量を示す数字が省略され、「VFR」のみとされた点です。これは、ブランドとしてのVFRの力強さや独自性を前面に押し出す意図が感じられます。

主要な変更点

  • エンジン: 最大の進化として、エンジンが新型のRC46Eに変更されました。こちらのエンジンは、RVF/RC45のものを基盤に、ストロークを2mm延長し、781ccの排気量を持つものとなりました。しかし、このモデルがVFR750Fの直系の後継であるため、クランク角は180度と設定されました。
  • ラジエーター&メインフレーム: ラジエーターがボディの両サイドに配置され、また、メインフレームがピボットレスのデザインとなり、プロアームがクランクケースに直接マウントされるという特徴的な変更が見られます。

発売と進化の歴史

  1. 1998年モデル: 4月10日に発表、同月20日に発売。先代モデルであるVFR750F(RC36型)のコンセプトを引き継ぎつつ、1994年に限定販売されたスーパースポーツモデルRVF/RC45の要素を取り入れました。このモデルのカラーリングは、高級感あふれるイタリアンレッドのみでした。
  2. 2000年初のマイナーチェンジ: 1月19日発表、翌20日発売。環境への配慮から、NOx・CO2の排出を低減する三元触媒HECS3を採用。その他にも、ハンドルロックを強化したキーシリンダーの導入や、カラーリングがスパークリングシルバーメタリックへの変更が行われました。
  3. 2000年の2回目のマイナーチェンジ: 10月18日発表、翌19日発売。カラーリングがアキュレートシルバーに変わり、ホイールカラーもブラックからシルバーに変更されました。

800ccのVFRは、ホンダの技術力と伝統を持つVFRシリーズの新たなステージとしてライダーたちに登場しました。その進化は、ライダーたちの期待を超えるものとなっています。

2002年 – 2007年モデル:VFRの進化と技術の進化

ホンダVFRは、長い歴史を持つ中で数々の変更やアップデートを受けてきました。2002年から2007年までのモデルも例外ではなく、多くの技術的・デザイン的進化を見せています。以下、この期間のモデル変遷と特徴を詳しく解説します。


2002年 – 2007年モデルの概要

2002年1月21日発表、1月22日発売
型式名は変わらず、フルモデルチェンジが行われました。非公式にはRC36-2やRC46-2とも呼ばれることがあり、ホンダの技術文書では「V4 VTEC VFR」と記載されることも。

主な変更点

  • エンジン:RC46E型エンジンにバルブ休止システムV4 VTECを採用。これにより低回転時の出力が改善されました。
  • マフラー:デュアルセンターアップへ変更。
  • エンジンの内部構造:カムギアトレーンの廃止、サイレントカムチェーンの採用、エンジン重量の3kg軽減、性能向上などが行われました。
  • 騒音低減:ウレタン樹脂ローラーと組み合わせたサイレントクロスチェーンをドライブチェーンに採用。
  • インジェクター:燃焼効率に優れた12ホール式へ変更。
  • 点火プラグ:イリジウムプラグへの変更。
  • フレーム:ヘッドパイプとメインパイプの接合部やステアリングヘッドの捩り剛性を強化。
  • 安全性向上:H・I・S・S盗難抑止システムの搭載。
  • デザイン:ヘッドライトの4灯化、車体色はイタリアンレッド1色の設定。

2004年のマイナーチェンジ
1月22日発表、23日発売。カラーリングやホイールカラーの変更、ヘッドライトの消灯状態でのハザードランプ作動などのアップデートが行われました。同年11月にはカラーリングのウイニングレッドが追加。

2006年のマイナーチェンジ
2月24日発表、27日発売。ABSの標準装備やリヤサスペンションのアップデートなどが実施され、カラーリングも更新。同年12月にはトリコロールカラーのVFRスペシャルが限定で販売されました。


この期間のVFRは、テクノロジーやデザインの面で多くのアップデートを受け、更に高度なモデルとしてライダーたちの前に登場しました。2008年に日本での販売は終了しましたが、ヨーロッパ市場では引き続き愛され続けています。

VFR800F(2014年 – 2019年)

2014年のモデルについて

2014年4月14日に発表され、同月18日に発売されたVFR800Fは、EBL-RC79という型式名を持つ。これは日本で約6年ぶりに登場する新型モデルであり、ヨーロッパで先行発売されていた仕様とほぼ同一となっている。その主な特徴や変更点は以下の通りである。

  • カウルデザインを一新し、LEDヘッドライトを導入。
  • テールランプとストップランプもLED化。
  • フレームはアルミツインチューブを継承し、シートレールは軽量化を追求してアルミダイキャスト製に。
  • スイングアームの形状を「やぐら型」にリニューアル。
  • シート高は2段階に調整可能。
  • セパレートハンドルにはオプションで位置を変更できるアジャストプレートを追加。
  • TCSやETC車載器、グリップヒーター、ウィンカーオートキャンセラーを標準装備として採用。
  • オプションでクイックシフターを設定可能。
  • マフラーの位置を変更。
  • エンジンの出力向上とエンジンスペックのヨーロッパ仕様への統一。
  • 当初、ヴィクトリーレッドとダークネスブラックメタリックの2色展開だったが、2015年2月にはパールグレアホワイトが追加。

2017年のモデルについて

2016年に一時販売が終了したVFR800Fだが、2017年1月に再び新モデルが公表され、同月16日に発売。このモデルでは、以下の変更点が注目される。

  • エンジンの最高出力と最大トルクが向上。
  • マフラーの内部構造を変更し、さらにコンパクト化。
  • エアバルブの形状変更や、アクセサリーソケットの標準装備化などの追加機能。
  • 燃費がさらに向上し、WMTCモード燃費値も改善。
  • 車体のディテールカラーを黒に統一。
  • 車体色の追加により、全4色の展開となった。

2018年のマイナーチェンジについて

2018年11月30日に、再びVFR800Fのマイナーチェンジが発表された。その変更点は以下のとおり。

  • ETC車載器がバージョン2.0にアップデート。
  • 車体色は2種類で、それぞれの価格と発売日は以下の通り。
    • ヴィクトリーレッド:1,419,120円(2018年12月14日発売)
    • パールグレアホワイト(ストライプ):1,494,720円(2019年3月8日発売)

以上、2014年から2019年にかけてのVFR800Fの変遷をまとめました。このモデルはその進化を続け、多くのバイク愛好者から支持を受けています。

ホンダ VFR800X クロスランナーの進化と特長

ホンダのVFRシリーズは長い間、スポーツツーリングの代名詞として世界中のライダーたちから愛されてきました。その中でも、アドベンチャータイプのモデルとして注目を浴びているのが「VFR800X」、通称「クロスランナー」です。以下、クロスランナーのモデル変遷とその特長について詳しく解説します。

VFR800X MUGEN (2011年モデル)

  • 2011年7月27日発表、同年8月25日に発売されたこのモデルは、2002-2007年式のVFRをベースとしています。
  • 最高出力102ps/10,000rpm、最大トルク7.5kgf・m/9,250rpmを持つこのバージョンは、M-TEC(無限)が車体を輸入し、特別仕様として無限製スリップオンマフラーやオリジナルデカールなどを取り付けて販売されました。
  • 無限テクニカルショップやDREAM店を中心に、限定200台として販売された特別なモデルです。

VFR800X (RC80型 2014年モデル)

  • 2014年12月5日に発表、同月12日に発売されました。
  • エンジンにはVFR800Fと同じく、RC79E型が搭載されています。
  • 主な特長として、サスペンションがフロントクッションストローク145mm、リヤアクスルトラベル148mmに設定され、最低地上高は165mmを確保しています。
  • バーハンドルの全幅は683mm、シート高も2段階調節が可能で、835mm・815mmとなっています。
  • セレクタブルトルクコントロールにより、ライダーが後輪駆動力を2レベルまたはオフに選択できる機能や、前後のウインカーがLED化されています。
  • さらに、ラジエーターの位置やカウルの横幅なども変更されており、ユニークなデザインと機能性を持っています。

2017年モデルの変更点

  • 2016年に一度受注終了となりましたが、2017年1月13日に新モデルが発表されました。
  • この新モデルでは、排出ガス規制への適合や、WMTCモードの燃費向上、ブレーキやフロントアクスルの色統一、新しい車体色の追加など、さまざまな変更が加えられました。
  • 特筆すべきは、フロントスクリーンが手動で5段階、上下94mmに調整可能なアジャスタブルタイプに変更されている点です。

2018年マイナーチェンジ

  • 2018年11月30日に発表されたマイナーチェンジでは、ETC車載器が2.0にバージョンアップされ、車体色もキャンディープロミネンスレッドのみとなりました。

クロスランナーは、その名の通りクロスオーバーの特性を持つバイクとして、都市部からアドベンチャーまで幅広いシーンでの活躍が期待されるモデルです。その進化と変遷を追ってみると、ホンダの技術の進化とライダーへのこだわりが見えてきます。

1200ccモデル: VFR1200FとVFR1200X

ホンダのシャフトドライブを持つ1200ccのVFRモデルは、同社の市販二輪車としては初のスロットルバイワイヤを採用しています。このラインナップには、フルカウルを特徴とするVFR1200Fと、アドベンチャータイプで「Crosstourer」のペットネームを持つVFR1200Xが含まれています。詳細については「ホンダ・VFR1200F」を参照してください。

教習車仕様

ホンダVFRの教習車仕様は、自動車教習所や運転免許試験場向けに設計されています。特徴として、アップハンドルや大型エンジンガードといった安全装備が追加されており、ギアポジションランプや通称教習ランプ、センタースタンドなども装備されています。

このシリーズには399ccのVFR400Kと748ccのVFR750Kが設定されています。

  • VFR400K: NC21型VFR400Zをベースとしています。
  • VFR750K: 本モデルには、RC24型ベースのVFR750F教習仕様車(通称“24K”)とVFR750K(RC37型)が存在します。本モデルの特徴としては:
    • ベースモデルのフルカウルを完全に廃止してネイキッド化。
    • マニュアルトランスミッションを6速から5速へ変更。
    • オイルクーラーがない。
    • VFR750Pシリーズと同様、前後ホイールサイズを17インチ化。

RC37型の特徴としては、タンクやサイドカバー、リヤフェンダーがRC24型後期輸出仕様に準じているため、国内仕様とは異なる点があります。

当時、大型自動二輪免許の取得は公認教習所で行うことができず、大型自動二輪の限定解除審査や練習所での導入が主でした。RC37型の生産台数は限られており、後に登場したCB750(RC42型)教習仕様車と比較しても、約500台とも言われています。市販されたものもあるものの、新車として購入するユーザーはほとんどおらず、販売台数はごくわずかでした。しかし、中古市場では前後ホイールが17インチであるために隠れた人気がありますが、教習車として酷使された後に新規登録された車両も多く、購入時には十分な注意が必要です。

白バイ仕様のバイクについて

白バイとして使用されるバイクは、その性能や信頼性から多くの都道府県警察で愛用されています。さらに、皇宮警察本部もこの仕様のバイクを使用しています。また、意外なことに、陸上自衛隊警務隊向けとして防衛省にも納入されていることが知られています。

白バイ仕様のバイクは一般的な市販モデルとは異なり、特定の目的や要求に応じてカスタマイズされることが多いです。このため、納入に際しては入札方式を採用し、必要な仕様に応じたモデルが選ばれて納入されます。そして、白バイ仕様のバイクのパーツに関しても、多くは特別管理部品として扱われているため、一般的な方法での入手は難しいのが現状です。

VFR400P シリーズ

特に注目すべきは、NC24型VFR400Rをベースにした「VFR400P」です。このモデルは型式名として「NC28型」と称されています。一般のバイクと異なり、スピード測定用のメーターは装備されていません。このVFR400Pシリーズには、納入先に応じて2つのバージョンがラインナップされています。

  • VFR400P: 主に各都道府県警察向けに供給されるモデルとして知られています。
  • VFR400P2: 防衛省(納入当時は防衛庁として知られていた)向けに特別に製造・納入されるモデルです。

白バイ仕様のバイクは、その信頼性や性能から長きにわたり多くの警察機関で使用され続けています。その背後には、厳しい条件下でも確実に機能することを求められるハイスペックな設計や技術が詰まっていることが伺えます。

VFR750Pの詳細解説

基本情報

1989年から納入が開始されたVFR750Pは、型式名として「RC35」を持ち、部品の区別コード番号は「MV8」とされています。このバイクは「RC35E型」というエンジンを搭載しており、車両重量は標準で262kgとなっています。しかしながら、後部警告灯を装備したモデルの場合は、264kgとなります。

1989年モデルは「RC24型VFR750F」の欧州向け仕様車を基にしていますが、1990年以降のモデルは「RC36型VFR750F・RC37型VFR750K」と同時に開発されたものです。

RC36型VFR750Fからの主な変更点

  1. 乗車定員を2名から1名に変更。
  2. ハンドルの形状をセパレートからアップタイプに変更。これに伴い、ステップの位置、スクリーンの高さ、ワイヤーハーネスの長さもそれぞれ変更されました。
  3. マニュアルトランスミッションを6速から5速に変更。
  4. 独自のライトスイッチを導入。
  5. ヘッドライトレンズの素材をアクリルからガラスに変更。
  6. フロントウインカーの取付方法をカウル固定から独立ステー式に変更。
  7. 速度測定が可能なデジタルメーターに、記録紙プリンタを付属させたものに変更。
  8. アイドル調整のためのスクリューの位置をキャブレターの横からミドルカウルの横へ移動。
  9. ABS樹脂製のプレートを使用してリヤフェンダーを延長。
  10. ゴム製の泥除けを使用してフロントフェンダーを延長。
  11. ミドルカウルに排熱のためのダクトを追加。
  12. 専用のポリスステッカーを追加。
  13. サイドボックスとブリーフボックスを装着。
  14. エンジンガードやサイレンスピーカー、赤色灯などを装備。
  15. 電装品の追加やオルタネーターの強化を行った。

VFR750Pのバリエーション

  1. 交通取締り用(I型): 基本的な仕様で、POLICEステッカー付き。白(ロスホワイト)の車体に黒と銀のラインが入っています。1997年までの後部警告灯はオプション扱い。
  2. 警備用(II型): 警備仕様で、MAPステッカー付き。白(ロスホワイト)の車体に黒と青のラインが入っています。初期型から後部警告灯を標準装備しています。
  3. 交通取締り用後部警告灯装備車(III型): 1998年に追加されたもので、I型の仕様に後部警告灯を追加したもの。

モデルイヤー別の詳細

  • VFR750PK(1989年モデル): 初期型。RC24型VFR750FKベース。
  • VFR750PM(1990年モデル): グラブバー、メットホルダー、警棒入れが廃止されました。さらに、キャブレターやメーターの仕様変更が行われました。
  • VFR750PN(1991年モデル): サイドボックスの金具やシート、マフラーが変更されました。
  • VFR750PP(1993年モデル): これまでオプションであったハザードランプが標準装備となりました。
  • VFR750PR(1994年モデル): キャブレターやドライブスプロケットの変更が行われました。
  • VFR750PW(1998年モデル): キャブレターが変更され、サイドボックスやヘッドライトスイッチも変更されました。

以上、VFR750Pの詳細な解説を行いました。このバイクは、ホンダが警察や公安関連の業務専用として開発した特別なモデルであり、その特性や装備、デザインは一般のバイクとは一線を画しています。特に警察の交通取締りや警備活動における要求を満たすための多数の独自の装備や変更点が施されていることが分かります。

VFR750Pは、その高い性能と堅牢さ、そして警察業務に特化した設計から、多くの警察官にとって信頼のおける相棒となりました。また、市民から見ても、このバイクを見るだけでその存在感や権威を感じることができ、交通安全や治安維持のシンボルとしての役割も果たしてきました。

しかし、一方で、このバイクは市場に一般的に販売されることはなく、そのため一般のバイク愛好家からは手の届かない存在ともなっていました。そのレアな存在感と、警察専用という特異なバックグラウンドから、バイクコレクターや愛好家の間で非常に高い人気を誇っています。

総じて、VFR750Pはホンダの技術と品質、そして警察という特殊なユーザーの要求を結びつけた、非常にユニークで特別なバイクと言えるでしょう。その歴史や背景を知ることで、このバイクが持つ真の価値や魅力をより深く理解することができます。

VFR800Pの詳細解説:ホンダの新世代白バイ

1998年から始まったVFR800Pは、その名の通り、ホンダのRC46型VFRを基本に開発された白バイ専用のバイクです。型式名としてはBC-RC49を持ち、部品類別ではコード番号MCPが与えられました。

先代のVFR750Pとの関連性も強く、多くの基本的な変更点は共通しています。しかし、VFR800Pは新たな技術や設計の変更点を数多く取り入れ、更に洗練された白バイとして市場に登場しました。

VFR800Pの主な独自の変更点:

  1. ブレーキシステムの進化:前後輪のブレーキを連動させるデュアルコンバインドシステムはオミットされ、代わりに前後独立のABSが新たに装備されました。これにより、より高度な制動性能と安全性が求められる白バイの業務に適応。
  2. ブレーキデザインの変更:フロントブレーキのインナーローターのデザインが変更されました。
  3. リヤブレーキの最適化:白バイのライディングスタイル、特に後輪ブレーキの多用を考慮し、後輪のディスクブレーキはベンチレーテッドディスクに変更されました。
  4. ウインカーポジション灯の廃止:シンプルさと機能性を追求。
  5. ハンドルとフロントフォークの変更:アップハンドルの採用に合わせて、ステップの位置やフロントフォークの長さも再設計されました。
  6. 冷却性能の向上:都市部での使用を想定し、オイルクーラーが大型化。また、アンダーカウルの左側には新たなダクトが追加されました。
  7. 電装系の変更:サイレンアンプ、スピーカー、警光灯は、信頼性の高いパトライト社製に変更されました。

VFR800Pは2001年から納入が開始されましたが、環境への配慮としての自動車排出ガス規制の強化に伴い、2008年をもって生産が終了しました。その後、白バイの仕様としてはCB1300Pが後継モデルとして製造・納入されるようになりました。

VFR800Pは、その短い生産期間ながらも、多くの警察官たちにとって信頼性の高い道具として活躍しました。その技術とデザインは、今後の白バイの歴史においても重要な位置を占めることでしょう。

 

1 2 3 4 .. 100

新品 即納 タカラトミー トミカ No.4 Honda VFR 白バイ 箱 バイク 警察 乗り物 ミニカー おもちゃ あす楽対応【こぐま】

新品 即納 タカラトミー トミカ No.4 Honda VFR 白バイ 箱 バイク 警察 乗り物 ミニカー おもちゃ あす楽対応【こぐま】
550 円 (税込)
ホンダVFRの白バイがトミカに登場! アクション:タイヤ回転 ■対象年齢 3歳~ ■サイズ パッケージ:W78×H39×D27mm 本体:W23×H36×D65.5mm ■セット内容 ・トミカ本体 ・ミニトミカニュース(初回のみ) ■備考 電池は使用しません。 ■著作権 (C)TOMY 商品に関するお問い合わせ..

タカラトミー トミカ No.4 Honda VFR白バイ ミニカー

タカラトミー トミカ No.4 Honda VFR白バイ ミニカー
385 円 (税込)
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。※同一と思われるお客様より大量のご注文をいただいた場合、ご注文をお取り消しとさせていただく場合がございます。【商品紹介】トミカ No.4 Honda VFR 白バ..

トミカ No.4 Honda VFR 白バイ

トミカ No.4 Honda VFR 白バイ
495 円 (税込)
商品情報素材ダイキャスト,他メーカータカラトミー対象年齢3歳以上商品状態新品注意点お使いのモニターにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や イメージに差異が生じることがございます。トミカ No.4 Honda VFR 白バイ トミカ 2

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop
タイトルとURLをコピーしました