No.3 動物運搬車 初回特別カラー,No.3 Animal Transporter Limited Color Edition

初回特別仕様

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

英語名:No.3 Animal Transporter Limited Color Edition


1 2 3 4 .. 100

タカラトミー トミカ No.3 動物運搬車 (通常カラー) ミニカー

タカラトミー トミカ No.3 動物運搬車 (通常カラー) ミニカー
480 円 (税込)
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□2012年04月 発売※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。※同一と思われるお客様より大量のご注文をいただいた場合、ご注文をお取り消しとさせていただく場合がございます。【商品紹介】トミカ No.3 ..

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

本日ご紹介するダイキャストミニカーは、タカラトミートミカNo.3 動物運搬車 初回特別カラー」。

おそらく多くの人が一度は目にしたことがあるトミカのシリーズ。その中でもNo.3 動物運搬車は、日産自動車が製造・販売している「プロフィア」をベースとしています。この日産プロフィアは、実際の業界ではダンプカー、タンクローリー、ミキサー車としての役割で頼りにされています。

大型トラックをこよなく愛する子供たちも少なくないでしょう。私自身、幼稚園の頃はトラックが大好きだったことを思い出します。あの「トラック野郎」の菅原文太が出てくるショーは、本当に楽しかったですね。

しかし、トミカのNo.3 動物運搬車に関しては、正直に言うと少し疑問が残ります。おもちゃ屋さんに行ってこのトミカを手に取る子供は、果たしてどれほどいるのでしょうか?私としては、レギュラートミカをすべて揃えようと思ったとき、このモデルは「本当に必要?」と思ってしまいました。

もちろん、トミカは様々な層の子供たちを対象としているのは理解しています。だけど、ターゲットがちょっと狭いのではと感じることも。トミカを手に入れたいと思うのは、大体が男の子か、それともマニアックな大人たちでしょう。そして、多くの子供たちは華やかなスポーツカーを好むはず。それに、家にある身近な車のトミカを選ぶことも多いはずです。

それに、このNo.3 動物運搬車を選ぶ子供は果たしてどれほどいるのでしょうか。企画段階でこれが通ったのには驚きます。しかも、このモデルの販売年数は長いですよね。もしかして、在庫をすべて売り切るまで販売しているのかな?

さらに、このモデルの前部と後部は切り離せる設計になっています。しかし、この特徴のせいで、トミカサーキットなどでの走行が難しいんです。走らせると転倒しやすく、少しフラストレーションを感じます。動物運搬部分を外して、トラックの前部だけで走らせる方が、実は走行が安定するかもしれません。

結論として、No.3 動物運搬車には一定のファンもいるかと思いますが、私としては他のトミカモデルに比べて少し物足りなさを感じてしまいます。

スーパードルフィン・プロフィアの進化の軌跡

トラック業界において、ひときわ名を馳せている「スーパードルフィン・プロフィア」。その歴史は1992年に始まり、日本の物流業界に革命をもたらしました。今回はその歴史と進化を振り返っていきましょう。

1992年: スーパードルフィンの新時代

1992年5月、スーパードルフィンは11年ぶりのフルモデルチェンジを迎えました。この時、新たに「プロフィア」というサブネームがつけられ、新世代の始まりを告げるものとなりました。デザイン面では、先代のクルージングレンジャーのデザインが受け継がれ、その影響から先代との共通点も多く見受けられました。

エンジン部分では、様々なタイプが搭載され、特にエンジンワンキー操作が標準装備となるなどの革新が見られました。また、デザインの一部として特徴的だったのは、ヘッドライト間の3つの穴を持つフロントグリルでした。そして、新しい「HINO」のロゴや、引き違い窓のパワーウィンドウなどが採用されました。この時のキャッチコピー「輸送文化のフルモデルチェンジ」「物流の21世紀へ」は、俳優の役所広司を起用したCMと共に印象的でした。

1994年以降: プロフィアの成長

2年後の1994年、Lシリーズが追加されるなど、さらなる進化を遂げるプロフィア。1998年には、ディスチャージヘッドランプや運転席エアバッグ、ABSが全車に標準装備されるなど、安全性の向上が図られました。そして、2000年には「テラヴィ顔」と称される新デザインが取り入れられ、フロント部分が一新されました。2002年には、騒音規制への対応として、V型エンジンが一部の車種から廃止されました。

展示の場としてのプロフィア

プロフィアの魅力は、2000年と2002年の東京モーターショーでも展示され、その存在感を示しました。

まとめ

スーパードルフィン・プロフィアは、その登場から現在にかけて、日本のトラック産業における重要な存在として成長を続けてきました。その歴史と進化を振り返ることで、その重要性と変遷を感じることができます。

2代目・プロフィアの進化とその特徴

グランドプロフィアから名を変え、新たな歴史を刻み始めたプロフィア。その2代目としての変遷と、その魅力に迫ります。

2003年:新たなスタート

2003年10月、グランドプロフィアは11年半の時を経て大きな転機を迎えました。そのサブネーム「グランド」を取り払い、「プロフィア」として再出発。最新の短期排出ガス規制をクリアしたエンジンは、全車に直6インタークーラー付きターボが搭載されました。特に、メーカーオプションでDPRを装着したモデルは、超低PM排出ディーゼル車認定制度の85%低減レベル(★4つ, PK-規制)を獲得しています。

デザインの面でも革新的な変化が。アクセルやブレーキペダルは、オルガン式から吊り下げ式へとシフトしました。また、テールランプも3連タイプとして、外側から橙、赤、赤の配列に変更されました。基本のデザインはハイマウントキャブを踏襲しつつ、ローマウントキャブへの変更も可能となりました。

運転席においても選択肢が広がりました。標準、エアサス、そして高機能なISRINGHAUSEN社製シートの3つから、車種に応じて選べるようになっています。

年表で振り返るプロフィアの歩み

  • 2004年10月:第38回東京モーターショーでASVトラクターを展示。
  • 2005年12月:平成17年排出ガス規制に対応したE13Cエンジン搭載車を発表。
  • 2006年:追突被害軽減ブレーキシステムを導入した車型を追加。6月には、平成27年度重量車燃費基準をクリアした車両を発売。
  • 2007年:エンジンをP11C型から新開発のA09C型に更新。10月にはASVトラクターを再び東京モーターショーで披露。
  • 2010年4月:排出ガス規制への対応として、新技術「AIR LOOP」を導入。ホイールデザインや安全装備もリニューアル。
  • 2014年4月:エンジンや車載システムの大幅改良。安全性能の向上が図られた。
  • 2015年:オートサロンやオートメッセに展示の後、10月にはハイブリッドモデルを東京モーターショーで公開。

この2代目プロフィアは、持続的な進化と先進的な機能を兼ね備えて、トラック業界の中核として多くの業者から信頼を得てきました。

3代目プロフィアの軌跡 – 2017年から現在まで

3代目プロフィアの販売歴

2017年から2023年までの時代を駆け抜ける3代目プロフィア。その間、除雪車や構内専用車両を除くラインナップが続々と登場し、セミトラクターも2018年以降、盛況の販売を続けています。

2017年 – 新時代の幕開け

2017年4月5日:記憶に新しい13年6か月ぶりのフルモデルチェンジ。この新モデルのキャッチコピーは「人を思う、次の100年へ。」。さらに、CMでの猪塚健太の出演が話題となりました。技術的な側面では、平成28年排出ガス規制をクリアしたエンジンの搭載や、新たなICTサービス機能の追加が実施されました。 同年10月、11月:プロフィアが2017年度のグッドデザイン賞とグッドデザイン金賞を双方受賞、デザインの優れた点が評価されました。 同年1月:東京オートサロンにおいてプロフィアが華々しく出品されました。

2018年 – 技術革新の年

2018年5月31日:セミトラクターがフルモデルチェンジを迎え、「HINO CONNECT」というユーザー向けICTサービス機能が採用されるなど、さらなる進化を遂げました。

2019年 – 安全への取り組み

2019年3月29日:より安全な運転環境を目指し、可変配光型LEDヘッドランプや新たなドライバーモニターIIなどの先進的な安全装備が加わりました。 2019年5月28日:エコ志向を加速させる形で、ハイブリッドモデルと特に注目のハイブリッド冷凍車「COOL Hybrid」が新たにラインナップに加わりました。

2020年 – 環境への挑戦

2020年3月23日:トヨタ自動車との協力により、プロフィアFRベースの燃料電池トラックの開発を公表。 2020年4月6日:セミトラクターもさらなるマイナーチェンジを実施。これにより、安全装備が一層強化され、新しいオプションも追加されました。

2022年 – 試練の時

2022年3月:エンジンの不正問題が表面化し、プロフィアの出荷が一時的に停止。さらに、国土交通省からの型式指定の取り消しという大きな打撃を受けました。

2023年 – 再起の兆し

2023年1月31日:国土交通省への再申請が受理され、2月中旬には出荷の再開が予定されています。

まとめると、3代目プロフィアは、革新と挑戦、そして一時の試練を乗り越えてきました。その歩みは、トラック業界の未来を映し出す鏡ともいえるでしょう。今後の展開にも大いに期待が持たれます。

The Tomica series is probably something that many people have seen at least once in their lives. Among them, the No.3 Animal Transporter is based on the “Profia” manufactured and sold by Nissan Motors. This Nissan Profia, in the actual industry, is relied upon in roles as a dump truck, tanker, and mixer truck.

There’s no shortage of children who deeply love large trucks. I myself fondly recall being enamored with trucks during my kindergarten days. The show featuring Bunta Sugawara in “Truck Yaro” was truly a joy to watch.

However, I must admit that I have some reservations about Tomica’s No.3 Animal Transporter. How many kids, when they go to a toy store, will actually pick up this Tomica? For me, when I thought about collecting all the regular Tomicas, I questioned, “Do I really need this model?”

Of course, I understand that Tomica aims to appeal to various age groups of children. But, it feels like this particular model might have a somewhat narrow target audience. Those who typically want a Tomica are likely boys or perhaps niche adult enthusiasts. Moreover, many kids are probably drawn more to flashy sports cars. They would also often opt for Tomicas of cars that they commonly see around their homes.

So, how many children are choosing this No.3 Animal Transporter? I’m genuinely surprised that this model got the green light during its planning phase. Additionally, this model has been on sale for quite a long time. I wonder if they plan to keep selling it until all stock is sold out?

Furthermore, the design allows for the front and back of this model to be detached. But due to this feature, it becomes challenging to run it on Tomica tracks. It tends to topple over easily, leading to a bit of frustration. Interestingly, running just the front part of the truck without the animal transporting section might actually result in a more stable drive.

In conclusion, while I believe there might be a specific fan base for the No.3 Animal Transporter, personally, I feel it’s somewhat lacking when compared to other Tomica models.

The Evolutionary Path of Super Dolphin Profia

In the trucking industry, the name “Super Dolphin Profia” stands out prominently. Its history began in 1992, bringing a revolution to Japan’s logistics industry. Let’s look back at its history and evolution.

1992: A New Era for Super Dolphin In May 1992, the Super Dolphin underwent its first full model change in 11 years. At this time, it was newly christened with the sub-name “Profia,” signaling the dawn of a new generation. From a design perspective, it inherited the aesthetics of its predecessor, the Cruising Ranger, and thus, many similarities between the two were evident.

In terms of the engine, a variety of types were introduced, notably the innovative engine one-key operation becoming standard equipment. A particularly distinctive design element was the front grille with three holes between the headlights. Furthermore, the new “HINO” logo and power windows with sliding mechanisms were adopted. The catchy slogans of this period, “Full Model Change of Transportation Culture” and “Logistics for the 21st Century,” were memorable, especially when accompanied by commercials featuring the actor Hiroshi Yakusho.

1994 and Beyond: Profia’s Growth Two years later, in 1994, the Profia evolved further with the introduction of the L series. By 1998, enhancements such as discharge headlights, driver’s seat airbags, and ABS became standard for all models, improving safety. In 2000, a new design known as the “Teravi face” was introduced, revamping the front end. In 2002, in response to noise regulations, V-type engines were discontinued in some models.

Profia on Display The allure of the Profia was evident when it was showcased at the Tokyo Motor Show in both 2000 and 2002, cementing its strong presence.

Conclusion From its inception to the present day, the Super Dolphin Profia has continued to grow as a vital figure in Japan’s trucking industry. By reflecting on its history and evolution, one can truly appreciate its significance and transformation over the years.

Evolution and Features of the Second Generation Profia

Transitioning from the name Grand Profia, Profia began carving out a new history. Here, we delve into the transition and appeal of its second generation.

2003: A Fresh Start In October 2003, after 11 and a half years, the Grand Profia reached a significant milestone. Shedding its “Grand” sub-name, it was relaunched as “Profia.” Engines that cleared the latest short-term emissions regulations were introduced, with all vehicles equipped with a straight-6 turbo with an intercooler. Notably, models equipped with a DPR as a manufacturer option achieved the ultra-low PM emission diesel vehicle certification system’s 85% reduction level (4 stars, PK-regulation).

In terms of design, there were innovative changes. Accelerator and brake pedals shifted from organ-type to suspended type. Tail lights also transitioned to a triple-sequence design, arranged from the outside as orange, red, red. While the fundamental design followed the high-mounted cab style, a transition to the low-mounted cab became possible.

Choices for the driver’s seat expanded as well, with standard, air suspension, and the high-functionality ISRINGHAUSEN-made seats available, allowing selections based on the vehicle type.

Profia’s Journey in a Timeline October 2004: Displayed the ASV tractor at the 38th Tokyo Motor Show. December 2005: Announced vehicles equipped with the E13C engine in response to the 2005 emission regulations. 2006: Introduced models with a rear-end collision damage reduction braking system. In June, vehicles meeting the 2015 heavy vehicle fuel efficiency standards were released. 2007: Updated the engine from the P11C type to the newly developed A09C type. In October, the ASV tractor was showcased again at the Tokyo Motor Show. April 2010: Introduced the new technology “AIR LOOP” in response to emissions regulations. Wheel designs and safety equipment were also renewed. April 2014: Significant improvements to the engine and onboard systems. Efforts to enhance safety features were made. 2015: After displays at the Auto Salon and Auto Messe, the hybrid model was unveiled at the Tokyo Motor Show in October.

This second-generation Profia, combining continuous evolution with cutting-edge features, has garnered trust as a core player in the trucking industry from numerous professionals.

The Legacy of the Third Generation Profia – From 2017 to Present

Sales History of the Third Generation Profia From 2017 to 2023, the third generation Profia raced through the times. During this period, a series of new lineups were introduced, excluding snowplows and yard-exclusive vehicles. Semi-tractors have also seen robust sales since 2018.

2017 – The Dawn of a New Era April 5, 2017: A long-awaited full model change after 13 years and 6 months. The catchphrase for this new model was “Thinking of People, for the Next 100 Years.” Furthermore, Kentaro Izutsu’s appearance in commercials became a talking point. Technically, the engine met the 2016 emission regulations, and new ICT service functions were added. October and November of the same year: Profia received both the Good Design Award and the Good Design Gold Award for 2017, highlighting its exemplary design. January of that year: Profia made a dazzling appearance at the Tokyo Auto Salon.

2018 – The Year of Technological Innovation May 31, 2018: The semi-tractor underwent a full model change, and further evolved with the adoption of a user-oriented ICT service feature called “HINO CONNECT.”

2019 – Commitment to Safety March 29, 2019: Aiming for a safer driving environment, advanced safety equipment such as variable illumination LED headlights and a new Driver Monitor II were introduced. May 28, 2019: In an effort to promote eco-friendliness, a hybrid model and the notably anticipated hybrid refrigerated truck “COOL Hybrid” were newly added to the lineup.

2020 – Challenges for the Environment March 23, 2020: In collaboration with Toyota Motor Corporation, the development of a fuel cell truck based on Profia FR was announced. April 6, 2020: The semi-tractor underwent further minor changes, enhancing safety features and introducing new options.

2022 – Testing Times March 2022: Engine malpractices came to light, leading to a temporary halt in Profia shipments. Moreover, a significant setback occurred with the revocation of model designation from the Ministry of Land, Infrastructure, Transport, and Tourism.

2023 – Signs of a Comeback January 31, 2023: A reapplication to the Ministry of Land, Infrastructure, Transport, and Tourism was accepted, with shipments expected to resume by mid-February.

In summary, the third generation Profia has navigated through innovation, challenges, and temporary adversities. Its journey can be seen as a mirror reflecting the future of the truck industry. There are high hopes for its future trajectory.

1 2 3 4 .. 100

タカラトミー トミカ No.3 動物運搬車 (通常カラー) ミニカー

タカラトミー トミカ No.3 動物運搬車 (通常カラー) ミニカー
480 円 (税込)
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□2012年04月 発売※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。※同一と思われるお客様より大量のご注文をいただいた場合、ご注文をお取り消しとさせていただく場合がございます。【商品紹介】トミカ No.3 ..

【全品ポイント増量!】 トミカ No.3 動物運搬車 【サック箱 ミニカー パンダ運搬車 タカラトミー】

【全品ポイント増量!】 トミカ No.3 動物運搬車 【サック箱 ミニカー パンダ運搬車 タカラトミー】
458 円 (税込)
評価 5
本商品は、通常1〜2営業日以内に発送(営業日6時までのご注文分)お支払い方法・送料についてトミカ No.3 動物運搬車 【サック箱 ミニカー パンダ運搬車 タカラトミー】トミカ No.3 動物運搬車 【サック箱 ミニカー パンダ運搬車 タカラトミー】パンダが乗った「動物運搬車..

特注トミカ 第44回 東京モーターショー 2015 No.3 日野 プロフィア

特注トミカ 第44回 東京モーターショー 2015 No.3 日野 プロフィア
3,300 円 (税込)
【取次品】対象年齢 3歳以上 【材質】 本体/シャシー:亜鉛合金 窓ガラス:PS シート:PP ライト/ホイール/タイヤ/ホイール:ABS 他

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop
タイトルとURLをコピーしました