No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー

定番トミカ

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

本日ご紹介するのは、『タカラトミー トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー』。

1 2 3 4 .. 100

タカラトミー トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー(箱) NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ- [NO001ニツサン..

タカラトミー トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー(箱) NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ- [NO001ニツサン..
420 円 (税込)
[タカラトミー トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー(箱) NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ- [NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ-]] の商品説明●「日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー」が、トミカになって登場です。●アクション:サス..

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

楽天で購入

トミカからは多数スカイラインGT-Rが発売されていますね🤗

GT-Rは好きなのですが、正直なところ『またか…』という気持ちもあります😅

まあ、生産の都合上、既に型ができているから、それを使いまわした方が、コスト的に助かりますものね。

でも、GT-Rはやっぱりカッコいい!

30年以上前…当時は走り屋ブームで、ゼロ400と言えば、GT-R R32でした。また、サーキットにおいても最速で、フェラーリやランボルギーニなど、世界的なスーパーカーでもかなわない性能。

R33、R34となった今でも、当時の面影を残したそのデザインは惹かれるものがあります。

もし、スーパーカーを乗るくらい資金に余裕があれば、フェラーリ、ブガッティ、ランボルギーニなどより、断然GT-Rが良いですね。

海外製スーパーカーはカッコ良いけど、実用性に乏しすぎる感じがします。

『GT-Rは超スポーティだけど街中もイケる』という風で、故障も少なそうなところが素晴らしい。

トミカでもたくさんのGT-Rシリーズが発売されていますが、できる限り集めるようにしています。

GT-Rの興味深い歴史と日本を代表する高性能車としての地位

GT-Rという名は、車愛好者にとって響きのある名前となっています。その起源は、ツーリングカーレースでの名を馳せたプリンス・スカイライン2000GT-B(S54B-II型)に遡ります。この車は、その実績と名声を背景に、後のGT-Rの礎となりました。

1968年10月、第15回東京モーターショーにおいて、新たな「スカイラインGTレーシング仕様」として展示されました。このモデルは、スカイライン2000GT(GC10型)の車体に、日産のプロトタイプ・スポーツカーであるR380のGR8型エンジンをベースとした直列6気筒DOHCエンジンを搭載していました。そのパワフルなスペックとデザインは、多くの注目を浴び、翌年の1969年2月、初代GT-R(PGC10型)として市場に登場しました。その後も、5つの世代にわたって進化し続けるGT-Rは、多くの車ファンからの支持を受けてきました。

GT-Rは、レース利用を主眼に開発され、その性能は日本の高性能車としての地位を確立しました。その特徴は、様々な自動車レースの規制や規則範囲内で最大限のパフォーマンスを引き出すための専用エンジンや装備を持つこと。その結果、数多くのレースでトップを走り続け、多くの勝利を手に入れました。

特に1989年に発売されたR32型は、その人気が特筆すべきもので、中古車としても北米などでの需要が高まり、多くが輸出されました。その一方で、これら輸出されたR32型が日本に再び逆輸入される事例も見られるほど、GT-Rの魅力と人気は世界的に高まっています。中古車市場でも、PGC10型からR34型までのGT-Rは数百万円から数千万円という高価格帯で取引されており、その価値は長く維持されています。

このように、GT-Rは日本の自動車文化を代表する存在として、多くのファンに愛され続けています。その歴史と実績は、未来の車愛好者たちにも引き継がれることでしょう。

BNR34型:スカイラインGT-Rの名を冠した最終章

1999年1月8日、日産は5代目となる「BNR34型」スカイラインGT-Rを発表し、販売を開始しました。そのキャッチコピーは、人の夢と情熱を表現する「人に翼を」とされました。

その発表は、先代モデル同様、第17回東京オートサロンで行われました。そこでは、日産のチューニング部門「ニスモ」が手がけるコンプリートカーが展示されるのはもちろん、他のチューニングメーカーやショップにも事前に提供され、各所でチューニングが施されたモデルも並んでいました。生産については、2001年まで日産自動車村山工場で、それ以降は日産自動車栃木工場で進められました。

BNR34型は、先代のBCNR33型に対するフィードバックを取り入れて、車体寸法の縮減を重点にデザインされました。具体的には、ホイールベースが55 mm、全長が75 mm縮小されました。この変更により、車軸の位置が最適化され、前後の重量配分が約55:45というバランスの良い数値になりました。さらに、車体の剛性向上のために、MRS(マルチロードシミュレーター)という先進技術を採用し、動的なねじれ剛性を56 %、動的曲げ剛性を100 %向上させました。空力面では、大型ディフューザーを採用した先進のエアロシステムが導入され、そのスタイルはシャープでスリムなデザインが特徴でした。

また、安全面でも進化しており、サイドエアバッグをオプションとして追加し、セキュリティ向上のためイモビライザーも搭載されました。BNR34型は、イギリスにも正規輸出されました。

2001年には、Vスペック系に続き、乗り心地と上質感を追求したMスペックも登場しました。しかし、環境基準の強化のため、2002年8月に生産が終了しました。その後、日産はGT-Rの名をスカイラインから独立させ、新たなGT-Rを発表しました。

モータースポーツの舞台でもBNR34型の活躍は続き、全日本GT選手権を始め、ニュルブルクリンク24時間レースやスーパー耐久などの大会で「ファルケンGT-R」としてそのパワーを披露していました。

このBNR34型の登場と活躍は、スカイラインGT-Rという伝説の一部として、多くのファンの記憶に刻まれています。

第二世代の集大成:GT-R BNR34の技術的進化

BNR34型GT-Rは第二世代スカイラインGT-Rのクライマックスとして、多くの先進技術を取り入れて開発されました。

日産 スカイライン GT-R(BNR34) の先進の空力技術

Vスペックモデルでは特に注目すべき空力の進化が見受けられます。フロントの下部には樹脂製ディフューザー、そして後方下部には、量産車初のオートクレーブ技術を使用して焼成されたカーボンディフューザーを搭載。このカーボンディフューザーは、走行中の風を車体下部で効率よく整流し、リアで拡散させることで、ダウンフォースを発生させる設計です。

また、フロントバンパーは、ブレーキの冷却を助けるために、タイヤハウジングよりも幅広く設計されています。

日産 スカイライン GT-R(BNR34) のタイヤ&ホイール

新型では18インチ(サイズ:245/40ZR18、18×9JのBBS製鍛造アルミホイール)へのサイズアップを果たし、それでも1セットあたり1kgの軽量化に成功。ブレーキは引き続きブレンボ製を採用しつつ、取り付けボルトの太さや本体色など、細部にわたる改善が施されています。

日産 スカイライン GT-R(BNR34) のトランスミッション&サスペンション

ドイツのゲトラグ社との共同開発による6速ミッションは、リバースギアにもシンクロ機構が追加されました。サスペンションもアップデートされ、テンションロッドは一体型のアルミ鍛造に変更され、耐久性向上と軽量化が実現。

日産 スカイライン GT-R(BNR34) のエンジン

RB26DETT型エンジンを継続採用し、カタログスペックの最大出力280 PSを維持しつつ、ギャレット社製の新しいタービンを採用することで、最大トルク40.0 kgf·mと低回転域トルクの増大を達成。これにより、運転性が大幅に向上しています。

日産 スカイライン GT-R(BNR34) の内装の進化

従来の3連メーターから進化した5.8インチのマルチファンクションディスプレイ (MFD) を新たに搭載。これにより、水温や過給圧などの情報を瞬時に確認することが可能となりました。

2000年のマイナーチェンジでは、ブレーキローターの大型化やペダル、シフトノブのアップデート、そしてVスペックの進化バージョンであるVスペック IIの導入など、数々の改良が行われました。

BNR34型GT-Rは、その多くの革新的な技術と洗練されたデザインで、スカイラインGT-Rの歴史の中でも特別な存在として語り継がれることでしょう。

GT-Rのグレード紹介:一瞬の美を求めて

皆さんは、車の「グレード」という言葉を聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?今回は、GT-Rのさまざまなグレードを詳しくご紹介します!

  1. 標準車 このグレードは、その名の通りGT-Rの「基本」となる仕様です。

  2. Vスペック 上位のグレードとして設定されており、特徴的な装備としてアドバンスドエアロシステム、圧縮タコメータ、アクティブLSD、そしてATTESA E-TS PROが挙げられます。

  3. N1 耐久レースに参戦するための基本モデルとして登場。オイルクーラーやメタルタービンなどの特別な仕様のエンジンを持ち、センターコンソールやハンドブレーキには樹脂を使用。また、エアコンやオーディオ、リモコンミラーレスなどの装備が特徴的です。このモデルのブレーキローターは、後のモデルにも採用されました。

  4. ミッドナイトパープルII R34GT-Rの特別な記念モデルとして、1999年1月までの限定販売。美しいミッドナイトパープルの色彩に加え、特別なモルフォテックスを採用。限定300台の貴重な一台として知られています。

  5. ミッドナイトパープルIII 第33回東京モーターショーに出品されたモデル。M.N.P.IIよりも一段と光沢感を増した特別な塗装が施されています。

  6. VスペックII 2000年8月のマイナーチェンジで新たに登場。NACAダクト付きのカーボンボンネットが特徴的で、赤色のIIマークが目印です。

  7. Mスペック こちらのモデルは、快適な乗り心地と高級感を重視。ハンドメイドの本革シートや専用ステアリング、特別なシリカブレスの色調が採用されています。

  8. VスペックII Nür & Mスペック Nür 2002年にR34型GT-Rの終了を記念して発表された限定1000台のモデル。名前の「Nür」は、GT-Rがテストで使用していたドイツのサーキット・ニュルブルクリンクを指しています。

  9. NISMO R34GT-R Z-tune NISMOが中古のVスペック車から製造した、20周年を記念する特別なモデル。限定20台のうち、19台がユーザーの手に渡りました。特別色のミレニアムジェイドやミッドナイトパープルⅢが存在するなど、非常に希少価値の高いモデルとして知られています。


これらのグレードは、GT-Rの持つ魅力や特色をより深く理解する手助けとなるでしょう。どのグレードもそれぞれに魅力があり、ファンからは絶大な支持を受けています。

 

使用した機材など

  • 峠やまみちドライブ
  • 高速道路にぎやかドライブ
  • スーパーオートトミカビル
  • トミカ多数
  • ミニオンズフィギュア
  • ポケモンフィギュア
  • iPhone 8 Plus
  • GoPro Hero9
  • Adobe Premier Pro

1 2 3 4 .. 100

タカラトミー トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー(箱) NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ- [NO001ニツサン..

タカラトミー トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー(箱) NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ- [NO001ニツサン..
420 円 (税込)
[タカラトミー トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー(箱) NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ- [NO001ニツサンスカイラインGTRパトカ-]] の商品説明●「日産 スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー」が、トミカになって登場です。●アクション:サス..

タカラトミー|TAKARA TOMY トミカ No.131 三菱ふそう スーパーグレート キャリアカー(ロングタイプ)

タカラトミー|TAKARA TOMY トミカ No.131 三菱ふそう スーパーグレート キャリアカー(ロングタイプ)
760 円 (税込)
評価 5
迫力のロングサイズトミカに新ラインナップが登場!高い性能で輸送をスムーズに行う「スーパーグレート キャリアカー」です。 ※お客様都合での『返品』『キャンセル』は不可とさせて頂きます。※【玩具ラッピング対象商品へのご注意】商品がラッピングに適さない場合につきお..

タカラトミー 『 トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R (BNR34) パトロールカー (箱) 』 ミニカー 車 おもちゃ 3歳以上 箱入り 玩具安全..

タカラトミー 『 トミカ No.1 日産 スカイライン GT-R (BNR34) パトロールカー (箱) 』 ミニカー 車 おもちゃ 3歳以上 箱入り 玩具安全..
660 円 (税込)
「日産スカイライン GT-R(BNR34) パトロールカー」が、トミカになって登場です。 サスペンション 【セット内容】トミカ本体(1), 安全警告 該当なし

1 2 3 4 .. 100

楽天ウェブサービスセンター CS Shop
タイトルとURLをコピーしました